{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

江戸中期柿右衛門白磁輪花猪口② ノミホツ

残り1点

16,500円

送料についてはこちら

時代:江戸中期 技法:染付 径約9㎝/高さ約7㎝ 商品番号:7a7②(店舗在庫) 小生産である上、比較的高級品として造られていた白磁の器。 僅かに青みを含んだまろやかな乳白の地肌にとろりとした艶やかな釉薬を纏った猪口です。 輪花縁で仕上げる口縁は見事な曲線を描き、まるで花が咲いたかのように思わせます。 底はベタ底で仕上げ、裾にむかって厚さを持たせた安心感のある造形です。 店主曰く、高台のある向付型が多く見られるので、ベタ底の造りはあまり見られない大変珍しいお品とのこと。 白磁ならではの上品さをお愉しみください。 ※ノミホツ(ごく僅かな欠け)がございます。画像をご確認の上ご検討くださいませ。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム