new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

明治前期陰刻染付楼閣と松散らし図なます皿

880円

送料についてはこちら

時代:明治前期 技法:陰刻,染付 径約14.5㎝/高さ約4.5㎝ 商品番号:41M45 見込みは陰刻の技法を用いて楼閣と松が表され、縁文様は余白を十分の残しながら五方に意匠化された松が配されます。見込みと縁文様の技法の違いも愉しく、個性ある器です。縁の鉄釉が全体をキリリと引き締める役割に。側面はすっきりと白無地。おかずの盛り皿にも、とりわけ皿にも重宝するなます皿です。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム