new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

明治後期~大正銅判麻葉文に松竹梅図小皿

770円

送料についてはこちら

時代:明治後期~大正 技法:銅印判 径約11cm/高さ約2cm 商品番号:58M51 明治後期~大正の銅印判であしらわれた小皿。 器面全体に麻葉が描き埋められ、意匠化した松竹梅が浮かびます。 松の中も三種異なる文様構成で目に愉しく、藍色いっぱいの器面に口縁の鉄釉が効いています。 発色の違い、判の擦れや抜けも個性としてお愉しみくださいませ。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム