new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

明治前期色絵三方柘榴と仏手柑図7寸皿 少甘手

残り1点

3,850円

送料についてはこちら

時代:明治前期 技法:色絵 径約22㎝/高さ約4㎝ 商品番号:34M17⑤ 三方に二種の絵柄を配す明治前期の定番構図。身の中にはたくさんの種があることから子孫繁栄の願いが込められた柘榴(ザクロ)。縁起が良いと言われる果物の吉祥文様の三果文(サンカモン/柘榴、桃、仏手柑)のひとつである仏手柑(ブシュカン)が描かれます。 定番構図とはいえ、縁起の良さは抜群。ご使用面も万能。和食のみならず中華料理との相性も良いかと思いますよ。 和食のみならず中華との相性も良さそうです。日々のワンプレート料理はもちろん、お祝いの席でも大活躍間違いなしの平皿を是非お試しくださいませ。 少甘手(焼成温度が低く、表面の釉薬のみに入ったヒビ)がございますがご使用には問題ございません。お写真ご確認の上、ご検討いただければ幸いです。 こちらの器は金彩を使用しておりますので電子レンジや食洗機のご使用はお控えください。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム