{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

江戸中期染付草花と縁墨弾き朝顔図6.5寸皿 フリモノ,カマキズ

残り1点

63,800円

送料についてはこちら

時代:江戸中期 技法:染付 径約19.5㎝/高さ約3㎝ 商品番号:20X3(店舗在庫) まろやかな素地に染み入る呉須。見込みに広く取った余白に草花が咲いています。ひょろりと伸びる細い枝に、大きく育った葉。そのアンバランスな様相が不思議な魅力を放ちます。口縁には帯状に藍を纏わせ、墨弾きの濃淡の美しさが印象的です。生命力豊かな蔓に大ぶりな葉を添え、小さな朝顔の花が可憐に映し出されます。高台内に目跡がございます。裏柄は柔らかに咲く梅花で締めます。 フリモノ(焼成中に降り積もってしまった灰)とカマキズ(焼成前、焼成中にできた生地の凹みやヨレ、穴等)がございますがご使用には問題ございません。お写真ご確認の上、ご検討いただければ幸いです。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム