{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

江戸中期染付菊に蝙蝠図7寸皿 少カマキズ

残り1点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

時代:江戸中期 技法:染付 径約21.5㎝/高さ約3㎝ 商品番号:30M56① ひらがなの「ひ」のような不思議な形をしたものは木でしょうか。菊を結びつけるように、または仕切りになるように描かれます。菊の茎や葉も妙な形をしています。花の薄い染付が可憐ですね。草の生い茂る上を飛ぶのは二匹の蝙蝠(コウモリ)。現代ではハロウィン感ある蝙蝠は当時、幸福の前兆として扱われていました。見込み(中心部)には何も描かれておらず、珍しい絵付けです。 カマキズ(焼成中にできた凹み等の変形)がございますがご使用には問題ございません。お写真ご確認の上、ご検討いただければ幸いです。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム