江戸後期染付竹とトンボ図広東型小猪口
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

江戸後期染付竹とトンボ図広東型小猪口

残り2点

¥6,050 税込

送料についてはこちら

時代:江戸後期 技法:染付 径約6㎝/高さ約5㎝ 商品番号:19M73 江戸後期の器によく見られる広東型(かんとんがた)の器形。高台が広く、高い形状が特徴的です。スッと描かれる竹はその見た目とは裏腹に伸び伸びとした生命力を感じます。裏に描かれるトンボは余白多い器面で存在感があり、抽象的に表現され愛らしい佇まい。酒器には勿論。中国茶にも大変オススメな小猪口です。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。