明治後期~大正銅判桜と窓絵に山水図小皿
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

明治後期~大正銅判桜と窓絵に山水図小皿

残り1点

¥550 税込

送料についてはこちら

時代:明治後期~大正 技法:銅印判 径約11㎝/高さ約2.5㎝ 商品番号:26M52 輪郭線は銅印判で、ダミ埋め(塗り潰し)は手描きで行っている為余白とのコントラストが美しいデザインです。締まったお色に白抜きの桜花が華やぎ食卓に彩を加えてくれそうですね。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。