{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

明治前期線描き鳳凰と牡丹図輪花一尺四寸皿

残り1点

¥13,200 税込

送料についてはこちら

時代:明治前期 技法:線描き(染付) 径約42㎝/高さ約6㎝ 商品番号:18M16 ベロ藍特有の鮮やかな発色に目を奪われます。大きな器面に余白無く描き込まれた絵付けは圧巻の手仕事です。見込みは環状松竹梅が配し、四方の丸窓に鳳凰が描かれます。間は線描きによる牡丹図。口縁は鍔縁となり、華やかさが際立つ造りで幾何学文様が描かれます。40㎝超えの大きさで現代ではなかなかお目にかかれないサイズです。モダンな雰囲気は現代の生活にも違和感なく溶け込んでくれます。 握り寿司やちらし寿司、お肉にお魚料理、鍋の具材を持ったり…と万能な尺皿はアイディア次第で様々にお使いいただけます。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。

セール中のアイテム