明治前期ベロ藍線描き花図向付
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

明治前期ベロ藍線描き花図向付

残り1点

¥1,650 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

時代:明治前期 技法:ベロ藍, 径約8.5㎝/高さ約6.5㎝ 商品番号:22M97 明治時代の手描きであしらわれた向付。ベロ藍による鮮やかな発色で描かれた大輪の花が四方に配します。間には茎や葉が豪快に描かれていてモダンな雰囲気を醸し出しています。 高台周囲は連弁文様、内側見込みは簡略化された松竹梅図、口縁には幾何学文様がめぐります。たっぷりと染料を含んだ絵付けで、豪快に染料が飛び散ってしまっているところも古いものならではで、愛着が増します。 向付ですが、たっぷりとした深さがあり口縁は端反りとなりますのでお湯呑みとしても丁度良い大きさです。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。