{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

江戸後期染付双龍と幾何学文トゲ縁なます皿 ノミホツ

残り2点

¥3,300 税込

送料についてはこちら

時代:江戸後期 技法:染付 径約15㎝ 高さ約4.5㎝ 品番:14M61 見込みには幻想的で逞しいお姿の龍、それを囲うように縁には濃淡を用いて幾何学文が器面をめぐります。濃いめの藍に縁の鉄釉が効いており、締まった印象を受けます。イゲ皿(オンラインショップには掲載されておりません)との相性も良さそうですので、お集めの方には特におすすめな逸品です。 古いものですが食洗機や電子レンジにもかけられるのでまだアンティークの器を使ったことがない!という方にも普段使いしやすいおすすめの器です。 こちらの器には縁にノミホツ(極僅かなカケ)がございますが、普段使いには問題ない程度かと思います。お写真13枚目をご覧の上ご検討いただけますと幸いです。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。