{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

明治前期色絵菊と鶴図小皿

残り3点

¥2,420 税込

送料についてはこちら

時代:明治前期 技法:色絵 径約12㎝ 高さ約2,5㎝ 鮮やかな金色に目が奪われる小皿ですね。見込みは染付による桃が飾り、三方に菊花が咲きます。間の窓絵は赤色でダミが施され、金色の鶴が浮かび上がります。地文様には格子とよろけ文が描き埋められ、器面に変化をもたらします。口縁の立ち上がりがしっかりとありますので、お一人用のお取り分け皿や、ちょっとしたおかずの盛り付けに重宝できます。 こちらの器は金彩を使用しておりますので電子レンジや食洗機のご使用はお控えください。 ひとつひとつ職人の個性が出る器たちです。スレや歪みによる若干のがたつき、窯傷(焼成中に出来たもの)などがある場合もございますが、味わいある手仕事の魅力としてご理解いただける方にお譲りできますと幸いです。